ウェブサイト「Louis Cinematic Novel」と「Louis SNS」が常時SSLに対応

 本ウェブサイト「Louis Cinematic Novel」と「Louis SNS」が常時SSLに対応しました。SSLはSecure Socket Layerの略で、サイト全体を暗号化することで、安全に利用ができるというものです。今まではSSLではなかったため、http://~始まるURLになっていました。でも今回、SSL化したことで、https://~となり、URLの左横に鍵マークも付くようになりました。これにより、パスワードなどの情報を秘匿し、安心して利用ができる環境が整いました。

※今回利用したサーバー証明書は無料のLet’s Encryptというものになります。AlmaLinux(CentOS8互換)にLet’s Encryptを導入するにあたり、下記のブログを参照にしました。

Apache on CentOS 8 に certbot をインストール | Rios talk to myself

セキュリティ証明書「Let’s Encrypt」は何もしないと90日で有効期限が切れ、失効してしまいます。そこで以下のブログを参考にしました。

【簡単】Let’s Encryptの自動更新をcronなしで実現しよう | TACK-WEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です