【ネタバレ注意】Past Memory -過去と記憶- 註解と考察

はじめに

venoroa1358です。

この記事ではinfinity-Sによるノベルゲーム「Past Memory -過去と記憶- 」を考察します。キャラクター、用語、本文中のトピック、未解決の謎について私見を加えつつ説明していきます。

注意事項

  • 当然ですが盛大なネタバレがあります。クリア前の閲覧はご注意ください
  • 本記事はシナリオを参考にしてなるべく正確な記述を試みていますが、あくまで非公式です
  • 独自に定義した用語があります
  • 引用部分はPast Memoryのシナリオからです。ただし、感嘆符のみのセリフ「………!」等、考察に直接関係しない部分が複数行にわたる場合は(略)としていたり、1行~2行だけなら断りなく取り除いたりしています
  • infinity-S関連の他作品のネタバレも若干混じっているかもしれません
  • 解析によって得られた情報が含まれています
  • 筆者の文章読解力はお察しください

Past Memoryとは?

infinity-Sによる無料ノベルゲームです。同サークルの初代作品。ジャンルは学園もの+異能ものといった感じ。タイトルにある通り、時間とか記憶に関係する要素がありますが、SFではなくオカルト方面だと思います。登場人物が命を落とす場面とかはありますが、ホラーを目的とした演出ではない(はず)です。

公式にはAndroid端末向けにリリースされていますが、NScripterで作られているため手順を踏めばWindowsパソコンでもプレイできます。詳しくはこの記事をご覧ください。文字化けの回避方法も取り扱っています。

同サークルの初代作品で、ほぼほぼフリー素材で作られたということもあり、今から見るとクオリティや没入感が特別高い作品とは言えないと思います。このため、infinity-S、infinity-Gのほかの作品を遊んだことがないなら、もっと新しい作品を遊んだほうが楽しめると思います。

当時のレビューによるとBGMがNOeSIS(旧)のパクリだという指摘があったようですが、同じフリー音楽を使っているだけです。シナリオも似てる?気にするな! BGMについて詳しく調べた記事があるので、ぜひご覧いただければと思います。あっこれはNOeSIS02のタイトル曲だ!ってなる人の気持ちもめちゃくちゃ分かります。

あらすじ

Google Playストアのあらすじを掲載します。

主人公、井上孝太は春から桜花学園高校に入学することになった。
入学後、ひょんなことから3人の女の子に出会う。
その3人のうちの1人は……深刻な問題を抱えていた。

「――――私の寿命は、あと3か月……」

その女の子の問題もさながら、主人公の周りにも非日常の世界が取り巻き始める。
主人公は彼女を助けることを心に決め……人生を変える物語が始まった。

「……私の命が危なくなったら。孝太が…助けに来てね。」

「……私は…この命尽きるまで…待ってるから…。」

『安心しろ。どんな手を使ってでも…お前を助ける。』

『お前を助ける為なら、僕の命を潰したって構わないよ。』


「私ね、親友のためならどんな苦労がかかってもいいよ。」

『ごめんな…。』

「そんなこと考えなくても、私は幸せだよ。」

きっとこの愛が、命尽きて魂だけとなっても続いていくことを願って。

"生命"と"時間"の関係を紡ぐ、ひとつのかたち──。

次のページから、ネタバレ要素が存在します。てかネタバレしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です