国産SNS「@ meet」で認証済みバッジを付けて自分のローカル環境にだけ見られるようにする方法

今回は国産SNS「@ meet」で認証済みバッジを付けて自分のローカル環境にだけ見られるようにする方法を紹介したいと思います。

環境

・Google Chrome(バージョン: 86.0.4240.111)

方法

1. Google Chrome拡張機能「My Style」をダウンロードする。

Google Chrome拡張機能「My Style」をダウンロードします。
https://chrome.google.com/webstore/detail/my-style/ljdhjpmbnkbengahefamnhmegbdifhlb

2. 以下のCSSをマウスで選択した後、「Ctrl+C」でコピーする。

以下のCSSをマウスで選択します。その後、ショートカット「Ctrl+C」でコピーします。

a.bx-tl-owner-name::after{
  content: '';
  display: inline-block;
  width: 17px;
  height: 17px;
  background-image: url(https://i.imgur.com/bYtqan9.png);
  background-size: contain;
  vertical-align: middle;
}

3. 国産SNS「@ meet」のページを開く。

国産SNS「@ meet」のページを開きます。

4. ショートカットキー「Ctrl+M」を押す。

ショートカットキー「Ctrl+M」を押します。

5. 矢印カーソルを/* Enter your style here. */のところで左クリックする。

矢印カーソルを/* Enter your style here. */のところで左クリックをして、CSSを入力可能な状態にします。

6. ショートカットキー「Ctrl+V」で貼り付ける。

キーボードのショートカットキー「Ctrl+V」を押して貼り付けます。

7. 認証済みバッジが表示されたことを確認する。

アカウント名の右横に認証済みバッジがちゃんと表示されたことを確認します。

8. ショートカットキー「Ctrl+M」を押して終了する。

ショートカットキー「Ctrl+M」を押して終了します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です